肝属郡医師会立病院

肝属郡医師会立病院は地域の基幹病院として皆様の信頼される病院であるように努めています。

TEL.0994-22-3111

お問い合わせ

部門紹介

部門紹介

スタッフコメント

放射線室スタッフ

病変を具体的に分かり易い写真としていつでも示せるよう、自負と気概をもって検査にあたっています。
また、夜間等の緊急な検査にも対応するため24時間待機制度をとっております。

放射線科医 1名
診療放射線技師 3名
マンモグラフィー撮影認定技師 1名

治療方針を決定する大きな役割を担う 放射線科

放射線室は、各種放射線機器やCT・MRI等の機器を使用した 診療を実施しています。
また、各診療科の医師や地域の医療機関の依頼により、 最新の画像診断装置を使用し、画像として与えられた情報をもとに適切な治療方針を決定する大きな役割を担った部門です。

放射線科常勤医師紹介

宮地 洋 みやじ ひろし
専門領域

放射線診断I、腹部超音波診断

所属学会・専門・資格等
  • 日本医学放射線学会専門医
  • 日本超音波医学会専門医

放射線関連主要機器

CT・透視操作室

マルチスライスのCTのスピードを生かし、より薄い断面を撮影することにより血管や骨、臓器などを立体化させることができます。

CT室

X線を身体の360度から照射しコンピュータ処理することで体内の臓器を断面画像として観察でき病変を見つけることができます。

MRI操作室・装置

電磁波を照射することで、体内の情報を短時間、且つ、鮮明な画像で提供し、全科の診療に利用されます。

乳房撮影装置 マンモグラフィー

乳房部の微小石灰化、線維組織、腫瘤の有無を高感度に撮影します

X線撮影装置

全身の骨や筋肉、胸部、腹部などの撮影を行います。

CR装置

X線の量を読み取り、コンピュータで処理し画像化します。

X線透視撮影装置

X線テレビ装置と造影剤を使用して食道・胃・小腸・大腸等の消化管の状態を見たり、内視鏡と組み合わせ、体内に挿入した管の位置を観察する等の処置、治療の補助的役割また、骨などの不要部分を消去し血管像のみを写すことができるため、血管拡張術などにも用いられています。

Return to Top ▲Return to Top ▲