肝属郡医師会立病院

肝属郡医師会立病院は地域の基幹病院として皆様の信頼される病院であるように努めています。

TEL.0994-22-3111

お問い合わせ

在宅医療連携拠点事業

お知らせ

多職種協働による在宅チーム医療を担う人材育成事業

DATE:2013.01.26

主催者:鹿児島県介護福祉課

日時:

1)平成25年1月19(土)13時30分~18時30分

2)平成25年1月20日(日)9時~13時30分

会場:鹿児島県庁2階講堂

事業の目的:

○在宅医療においては、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、ケアマネジャー、介護士などの医療福祉従事者がお互いの 専門的な知識を活かしながらチームとなって患者・家族をサポートしていく体制を構築することが重要である

○国が、都道府県リーダーに対して、在宅医療を担う多職種がチームとして協働するための講習を行う(都道府県リーダー 研修) ○都道府県リーダーが、地域リーダーに対して、各地域の実情やニーズにあった研修プログラムの策定を念頭に置いた講 習を行う(地域リーダー研修)

○地域リーダーは、各地域の実情や教育ニーズに合ったプログラムを策定し、それに沿って各市区町村で地域の多職種へ の研修を行う。これらを通して、患者が何処にいても医療と介護が連携したサポートを受けることができる体制構築を目指す

[地域リーダー研修](国が、47都道府県に委託して実施)

○各都道府県リーダーは、各都道府県で約150人の地域リーダーを養成(医師・歯科医師・薬剤師・看護師・ケアマネジャー等の職能別に 市町村単位で研修に参加)

-プログラム策定方法に関する研修

-教育展開の手法に関する研修

[主な研修内容]

①在宅医療の概念、在宅医療のリーダー像、取組事例

②多職種連携の重要性とグループワーク(KJ法)手法の習得

③医療と介護の連携を推進させる為の課題解決抽出手法と取組事例

④在宅訪問診療や多職種カンファレンスの紹介(ビデオ視聴)

 

ページの上へ
Return to Top ▲Return to Top ▲