肝属郡医師会立病院

肝属郡医師会立病院は地域の基幹病院として皆様の信頼される病院であるように努めています。

TEL.0994-22-3111

お問い合わせ

新着情報

カテゴリー

アーカイブ

お知らせ一覧

第18回 鹿児島地域医療教育講演会

2014.06.20

去る6月10日(火)に鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 地域医療学分野/離島へき地医療人材育成センター、鹿児島県保健福祉部地域医療整備課主催による「第18回鹿児島地域医療教育講演会」郷での医療活動―医師会立病院と共に― が鹿児島大学医学部第5講義室にて行われ、当院神経内科医の今隈満先生が講師として招かれました。

DSCN1542

 

 

 

 

 

 

講演では先生が「郷での医療活動―医師会立病院と共に―」と題して、当病院の設立の理由や目的、開院から現在までの病院沿革、この間病院が果たしてきた地域医療・保健における役割、個人としての、平成17年までの勤務医時代、平成23年までの開業医時代、平成24年から現在までの関わりやエピソードなどを紹介しました。そして現在、この33年間で南隅2町の少子・高齢・過疎化に伴い地域医療のニーズが変わってきたこと、平成18年度以降、卒後臨床研修医制度の改変の煽りを受けた医師数不足の為に診療体制の縮小化が必然となった事を起点として、「急性期医療から慢性期医療への転換」、「在宅医療連携の推進基幹」、「地域と一体となった認知症支援」など、肝属郡医師会立病院の新たな役割づくり、特長づくりに取り組んでいることを紹介しました。

講演後、医学生からは「今隈先生が地域医療に関わろうとする時に、誰に相談をされたか」「今後の医療の在り方について考えさせられた」「地域枠学生として、地域医療についてもっと学ぶ必要がある」などの質問・意見がありました。

DSCN1516

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲