肝属郡医師会立病院

肝属郡医師会立病院は地域の基幹病院として皆様の信頼される病院であるように努めています。

TEL.0994-22-3111

お問い合わせ

新着情報

カテゴリー

アーカイブ

お知らせ一覧

新年の御挨拶

2018.01.09

新年のごあいさつ

                             院長 濵畑 和人

世代交代と継続

 新年あけましてございます。

皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

 肝属郡医師会立病院は昭和56年2月に開院し、地域医療の要となるべく事業展開しているところです。今年で37年目に入りますが、近年では地域の人口減による患者数の減少や加療対象としての疾病構造の変化により、基本的に病院収入の減少傾向及び、医師や看護師など他のスタッフの確保困難があり、地域で十分に思うような診療体制を組むことが困難になってきております。それに加えて建物が古くなり、インフラ等劣化もかなり進み、毎年補修に高額の経費が予想されているところです。またそれぞれの単位当たりの広さや、水回り等の場所や数など、近年の建築物の使用感覚との隔たりもかなり大きくなっており、リフォームや建て替え等の対応が必要にもなってきております。

 これまでは医師やその他のスタッフのソフト面での世代交代・事業継続を中心に対していましたが、現在ハード面での世代交代と継続にも直面しています。

 平成28年度より、現在の建物を修理しながら利用する方法や、移転新築する方法及びその時の財源獲得をどうするかなどを検討するため、病院建て替え問題に対する基本構想を策定しているところです。地域の医療福祉の継続に関する問題のため、新聞等で少し取り上げられましたが、錦江町・南大隅町にも検討して頂いています。結論を出し、前進するにはまだまだ多くの課題を解決しないといけません。当初は、2021年の新しい出発を目指しておりましたが、現状ではもう少し遅れそうです。今後なるべくスピードを持って取り組んでいきたいと思います。また、先述の通り錦江町・南大隅町にも相談していることから、地域の皆様にはお世話になる事があるだろうと思いますので、その時はよろしくお願い致します。

 また、平成27年より院外院長として3年目になっておりますが、なるべく早く常勤の院内院長をお願いできるように努力しているところです。何かと不便をおかけすることがあるかとは思いますが、引き続き宜しくお願い致します。

 最後になりますが、30年度は医療・介護同時改定の年であります。総じて経営的に緩くなることは無いと予想されます。良く研究して、ますますの医療・介護サービス提供ができるように職員一同頑張って、世代交代と継続を乗り越えてまいりたいと思います。

 今後ともよろしくご指導ご鞭撻をお願い致しまして、新年の挨拶とさせて頂きます。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲