知って得する薬の話

ジェネリック薬(後発薬)について

当院では外来受診された場合、人工透析される患者様を除いて、院外処方せんを発行します。
その処方せんを保険薬局(かかりつけ薬局)へお持ちになってお薬を受け取ってください。
医薬分業の目的としては、いろいろありますが、病院では待ち時間の短縮化がはかれること。
保険薬局では、お薬のアレルギー歴や副作用歴や一ヶ所の医療機関で処方されたお薬だけでなく、市販のお薬(OTC薬)や他の医療機関で処方されたお薬との相互作用、重複投与のチェックも含めた総合的な薬歴管理が可能となります。このように、よりよい薬による治療を可能とする制度を医薬分業といいます。
このような理由から、処方せんはどこの保険薬局に持って行っても調剤できますが、行きつけの「かかりつけ薬局」を持つことをお勧めします。

Return to Top ▲Return to Top ▲